ホテル・旅館の楽しみ方から選び方まで色々な情報をご紹介

ホテルと旅館の違い

ホテルと旅館と宿泊施設の2大巨頭ではありますが、この二つ何が違うのか考えたことはあるでしょうか?実はこの二つの宿泊施設には名前だけでなく、ちゃんとした違いの定義が存在しているのです。なんとなくでしか分からなかったホテルと旅館の違いについてご紹介してまいりたいと思います。泊まる宿泊先がホテルにしろ旅館しろ違いが分かるだけでも楽しいものですよ。

法律で決まっている

実は旅館業法という法律によって、名称のつけ方が決まっており、旅館は部屋の数が5部屋以上になっており、それが主に和室で統一されている宿泊施設のことを呼びます。ホテルは部屋の数が10室以上で、主に洋室で統一されていて、トイレも洋式にしていなけばならない義務が課されている宿泊施設のことを呼びます。

サービス的にも違いがあり、旅館のサービスは何も言わなくても準備しておくなど昔からの日本の文化を感じさせるようなサービスが特徴的で、それに対してホテルでは、ルームサービスなどのサービスはありますが、自分で呼ばなければ一切部屋に来ることがなく、プライバシーを守ることが徹底されているのが特徴といえるでしょう。


ホテル

ホテルと聞くと、有名な○○ホテルなど沢山ありますよね。外装の作りも鉄筋コンクリートを使用した立派な建物が多く、何十階建てなんてのもざらに存在しています。客室の形式も洋室で統一されていて、部屋の中にはベッドとイスがおかれてあり、トイレなどもすべて洋式になっています。寝具もすべてベッドで統一されているのも特徴的といえるでしょう。それに、建物の中にも色々な娯楽施設やレストランなどの飲食店も設置してあります。宿泊料金に食事代が含まれていない為、ホテルのレストランや外で食事を別料金で取らなくてはなりません。

服装も旅館のような浴衣というのがないからといって、バスローブでホテル内を移動してはいけません。

旅館

旅館は、山深い温泉地にひっそりとたたずんでいるようなイメージがありますよね。外装からして日本の文化を感じさせる作りになっていますし、中に入れば畳の部屋が広がり、仲居さんがスタンバイしてこちらに必要なものがないかを聞いてくるなどサービスが旺盛な感じです。

それに、旅館と聞くと温泉がついている様な気がしますよね。温泉といえば日本の大切な文化になっていますし、温泉に浸かると日本人であることに心底喜びを感じる瞬間ともいえます。

それに、旅館には、浴衣という着るものがありますので、その浴衣をきて旅館内を移動したり、近くの施設へ移動することも大丈夫なのも特徴的でしょう。

注目サイト

コスプレウィッグ

2019/1/23 更新

▲ページトップへ